ほうれい線消すにはスキンケアのコツが重要│たるみやしわナシの肌に

中年

短時間で施術可能

美容整形

ほうれい線というのは表情筋の収縮に加え、老化による頬のたるみから生じてきます。誰しもに生じるもので、年齢とともにその深さも増して目立ってくるのが一般的です。しかしヒアルロン酸の注入などによって、改善することが可能です。

もっと知ろう

症状を知る

中年

多汗症を発症する人達は最近では増加しているが、対処の仕方がたくさんあるので全く慌てなくても良い。それはやはりすぐに症状を抑え込む事が可能となっていて、最小限の段階で食い止められると言われているからだ。

もっと知ろう

ほうれい線を消す

美容整形

ほうれい線を消す方法は、今では様々様々な方法が確立しています。自分で行なうようなマッサージや化粧品を使う方法やすぐに実感ができるプチ整形など自分にあった方法でほうれい線を消していきましょう。

もっと知ろう

改善の為に出来る事

ほうれい線とは

シワ

筋肉を鍛えて皮膚や脂肪を元の位置に戻せれば、ほうれい線は消すことができます。ほうれい線とは小鼻の横から唇の端まで伸びた2本の線で、しわではなくて、たるみです。皮膚が頭皮から雪崩れのように落ちてきていて、それが口元の筋肉でせき止められている状態なのです。加齢によるたるみを子供の頃のように戻すことはできませんが、顔の筋肉を鍛えれば、ある程度まで消すことが可能です。頬を支える筋肉は側頭筋と口輪筋です。どちらが衰えても頬はたるみますが、上部にある側頭筋を集中的に鍛えた方が引き上げ効果が高く、ほうれい線を消すのに効果的です。エクササイズを行うタイミングは朝晩1回ずつがオススメです。朝はメイク前に1回。夜はお風呂上りに1回など。メイク前にすると、血流がよくなるのでメイクノリがよくなります。

消すための方法とは

1回でも行うだけで顔の印象が大きく変わるエクササイズがあります。試してみる価値は大アリです。側頭筋は、耳の少し上あたりにある、歯を食いしばると動く筋肉です。この筋肉が衰えてしまうと、頬を引き上げる力が弱くなり、たるみやすく、ほうれい線が目立ってしまうのです。側頭筋が弱ってくると、頬を引き上げるパワーがどんどん失われてしまいます。それを避けるには、側頭筋のマッサージを習慣にして柔らかさを保つことが、ポイントです。手のひらの一番下の厚い部分(手根部)をこめかみに当て、前から後ろに向かって、円を描くように10秒押して回します。また、こめかみを引き上げながら五十音を言います。このとき大きな声を出すというよりは、小声でいいのでしっかりと口を声の形に開けることが大事です。このようなエクササイズやスキンケアを行っても改善が出来ない場合には、クリニックで治療を受けるという手段もあります。